幼少期に英語教育をするメリット

英語を学ぶ方法はたくさんあります。教科書を必死で勉強したり、留学に行ったり、英会話スクールに行ったりなどです。 
近年注目されているのが幼少期における英語教育です。 
今や大手の英語塾のほとんどが子供向けのクラスを開設しています。 
ではなぜ幼少期から英語を学ぶことがこんなにも広がっていったのでしょうか? 

その理由は大きく分けて2つあります。 
1つ目は人間の脳の発達にあります。 
人間の脳には言語学習においての臨界期があります。ちなみに英語を学ぶ上で最適な年齢は生後6か月だそうです。そして年を重ねていくごとに英語の学習はより困難になっていきます。特に英語と日本語では使用する周波数が大きく違うため非常に細かい発音の違いを理解するのは難しいです。「LとR」の発音の違いが良い例です。 
2つ目は日本独特の文化です。 

外国人の方と喋るとき何か心の壁を感じたことはありませんか? 
私も最初は感じていました。これについてはまた他の記事で書こうと思います。 

これらを取り払うには幼少期からいろいろな国の人と話すことが有効です。

一クラスの人数が多い大手の英会話教室では、生徒の学ぶスピードが違い遅れをとってしまうことがしばしばあります。

我々はお子様が世界に羽ばたく人材になれるよう最善の努力をさせていただきます。


AlphaGENIUS創設者:ピーター・アッカリー
アメリカ、バーモント州出身。バーモント大学卒業。2001年に来日し、多数の私立学校で外国語教員として働く。“Speaking is Singing, Singing is Speaking” をモットーに、英語力向上を目指すレッスンを展開する。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です